訪日外国人、海外進出対策に!

中国のソーシャルメディア事情

  • HOME »
  • 中国のソーシャルメディア事情

中国ではネットにおける規制が非常に厳しく検閲規制やサーバードメインにおいても現地法人がないと取得できないなど、大きな壁があります。また、一般的にはfacebookやtwitterなどの世界最大級のSNSが中国で閲覧ができません。そこで代わりに、中国独自のSNSが大きく成長しました。

例えば中国版facebookと呼ばれる「人人網(レンレンワン)」と中国版Twitterと呼ばれる「微博(ウェイボウ)」があり、圧倒的なユーザー数を誇り、人人網は1億6千万人、新浪微博(sina)は2億ユーザー(2011年8月まで)がいます。 なお、微博は「ミニブログ」という意味で「新浪」というポータルサイトで提供されているミニブログサービスが一番ユーザー数が多いのですが、その他のポータルサイトでもミニブログサービスが展開されており、騰訊微博(テンセントウェイボ)」「網易微博(ワンイーウェイボ)」「捜狐微博(ソーフーウェイボ)」があります。

また、中国ではインスタントメッセンジャーの利用者が多く、QQ.comというポータルサイトで提供されているインスタントメッセンジャーの利用者が多く、明確なユーザー数は不明ですが、アカウントだけで10億アカウント近くがあると言われています。 実際中国人に聞くとほとんどの人がQQ.comのインスタントメッセンジャーを使っています。

中国では中国政府のインターネット規制の介入があるため、情報発信だけでなく、海外から中国への情報も制限されてしまいます。 そのため、中国独自のインターネットサービスを上手く活用して情報を広げていくプロモーションも考えていく必要があるでしょう。

中国向けにプロモーションをかけた企業が多くいますが、百度やバナー広告だけでは効果があまりでないという声をよく耳にします。 中国では偽物がありふれている国でもあり、宣伝や広告は信用されにくく、まず情報の真否は周りの知人に聞くといった風習があります。ですから中国で使われているソーシャルメディアを活用することの重要性は非常に高いと言えます。

 

<まとめ>

人人網(レンレンワン)   jinjinmou

新浪微博(シナウェイボウ)weibow

騰訊微博(テンセントウェイボウ)

網易微博(ワンイーウェイボウ)

捜狐微博(ソーフーウェイボウ)

 

基本情報

国・地域名
中華人民共和国 People’s Republic of China
面積
約960 万km²
人口
約13億人
首都
北京
民族
漢民族(総人口の92%)及び55の少数民族
言語
漢語(中国語)
宗教
仏教・イスラム教・キリスト教など

経済

主要産業
繊維、食品、化学原料、機械、非金属鉱物
名目GDP
(億米ドル)
約8兆2,502億ドル(2012年)(IMF推定値)
一人当りGDP
(米ドル)
約5,417ドル(2011年)(IMF)
経済成長率(%)
7.8%(2012年)(中国国家統計局)
物価上昇率(%)
2.6%(2012年,消費者物価)(中国国家統計局)
貿易額
(億米ドル)
(1)輸出:
2兆489(2012年)
(2)輸入:
1兆8,178(2012年)
主要貿易品目
(1)輸出:
自動情報処理機械類、衣類、携帯電話類
(2)輸入:
原油、鉄鋼等、自動車類
貿易相手国
(1)輸出:
米国,EU,香港,ASEAN,日本
(2)輸入:
EU,ASEAN,日本,韓国,米国
対日貿易
(億円)
(1)輸出:
1,890(2012年)
(2)輸入:
1,447(2012年)
主要対日貿易品目
(1)輸出:
電気機器、一般機械、衣類
(2)輸入:
電気機器、一般機械、化学製品

日本からの直接投資
(億米ドル)

約73.8(2012年)
通貨
人民元
為替レート
1米ドル=約6.2元(2012年末)
在留邦人
131,534名(2010年)
日系企業数
企業数:23,094社(2012年末現在)

サービスに関するお問い合わせ TEL 03-5980-9325 10時~18時(平日)

PAGETOP
Copyright © 株式会社ドリーマン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.